グレアム・アリソン著「米中戦争前夜」を読んだ。本書は、新興国と覇権国を衝突させる歴史の法則と回避のシナリオを述べたものである。著者はこの歴史法則を、古代ギリシャのアテネとスパルタのペロポネソス戦争の原因を分析したアテネの歴史家トゥキディデスにちなんで、「トゥキディデスの罠」と名付ける。台頭する新興国の野心と脅かされた覇権国の不安が、均衡と安定を崩し予期せぬことから大戦争を引き起こす。

著者らの研究チームは、過去500年間の覇権争奪をめぐる16件の大きな衝突の原因を究明し、戦争に至った12件までが「トゥキディデスの罠」で説明できると結論した。本書はこれに基づき、米中の平和のための戦略的指針を示した。

米中戦争に至る道程として5つのシナリオを示している。1.海上での偶発的な衝突、2.台湾の独立、3.第三者の挑発、4.北朝鮮の崩壊、5.経済戦争から軍事戦争へ。これらのシナリオは、中国の破壊的な台頭によるストレスのために、本来なら取るに足らない偶発的な出来事が、大戦争に展開するプロセスを描いている。
現在の流れでは、今後数十年の間に悲惨な米中戦争が起こる確率は、許容できるレベルを大幅に超えている。

過去500年間で「トゥキディデスの罠」から逃れた4件から、戦争を回避するヒントが得られる。1.高い権威を持つ存在は対立解決の助けになる、2.国家より大きな機構に組み込む、3.賢い国家指導者を擁する、4.重要なのはタイミングだ、5.文化的な共通点を見出す、6.この世に新しいことなどない。核兵器以外は、7.相互確証破壊(MAD)により総力戦は狂気の沙汰に、8.核保有国間の熱い戦争はもはや正当化できない、9.それでも核超大国は勝てない戦争をする覚悟が必要、10.経済的な相互依存、11.同盟は命取りになりかねない、12.国内情勢は決定的に重要である

今後のアメリカの指導者が、キューバ危機を回避したケネディと同じように賢い選択をするためには、猛烈に考え、猛烈に努力する必要がある。そのためにはまず、四つの中核的概念を理解すべきである。1.重大な利益を明確にする、2.中国の行動の意図を理解する、3.戦略を練る、4.国内の課題を中心に据える 

 トッド・ファインバーグ&ジョン・マラット著「意識の進化的起源」を読んだ。本書は「感覚意識」と呼ぶ原初的意識の進化的起源を探求したものである。著者は、様々な感覚を知覚し、その心的イメージ(表象、クオリア)を構築することが、原初的意識の進化の核心だと考えている。そしてカンブリア爆発で、脊椎動物の祖先がカメラ眼を獲得して外的世界の視覚イメージを構築したことが感覚意識の進化の鍵だったと主張している。

本書は哲学的アプローチ、神経生物学的アプローチ、進化的アプローチの三つを組み合わせ、各分野の知見を総動員することで、それぞれのアプローチの欠点を補い合い、原初的意識の進化について統一的な説明を試みる。
意識には外的世界の心的イメージによる外受容意識、身体感覚による内受容意識、感性による情感意識の三つがある。また、意識にはクオリア、統一性、参照性(脳内ニューロンではなく外的世界と内的身体の経験にのみ焦点を合わせる)、心的因果(非物質的な意識と物質世界の関係)の四つの側面がある。

 アニル・アナンサスワーミー著「私はすでに死んでいる」を読んだ。本書は、病気や障害を負った人たちが体験した特異な症状を手掛かりとして、神経学の知見をベースに精神医学や哲学の視点にも留意しつつ「自己とは何か」を追求したものである。個々の特異な症例に基づくため体系的ではないが、共通する知見として身体の重要性、「予測する脳」という視点を挙げている。

コタール症候群は、「自分が死んでいる」「存在しない」という妄想を持つ。意識的自覚に深くかかわる前頭頭頂ネットワークは、外的自覚のネットワークと内的自覚のネットワークで構成される。後者の代謝が低下し、前頭葉の他の領域まで拡大すると、自己感覚が大幅に失われ死んだと思いこむ。

アルツハイマー病患者は、認知機能がどんなに低下しても、身体に埋め込まれた前認知的、前内省的な身体化された自己性によって、世界とかかわることができる。大脳皮質が萎縮して認知が衰えたとしても、脳と身体の連合体には自己性を蓄積し、発揮し続けているところがある。

身体完全同一性障害は、自分のものと感じられない手足などの身体の一部を切り落としたいという、強烈な観念に取りつかれる病気である。脳が身体を調整するためには身体をモデル化する必要がある。それが自己モデルであるが、意識的自覚に入ってくるのは自己モデルの部分集合だけ(現象的自己モデル)で、身体状態は主体的に意識されたり、気づいたりしない。自己が現象的自己モデルの中身とすれば、それは主観的なアイデンティティというだけでなく、自分と非自分を区別するよりどころである。現象的自己モデル内での四肢の表象が不充分で私有性を持ち損ねたために、自分の手足だと思えず、警戒レベルが上がりっぱなしになる。

統合失調症の一級症状(幻聴、思考吹込み、被支配妄想)は、自己主体感の阻害が背景にある。自己主体感は、概念になっていない(思考ではなく本能的な)「自己主体感覚」と、認知に関わる「自己主体判断」に分かれる。前者は、運動信号のコピーとコンパレーターが予測と実際の動きを照合して生み出すのに対し、後者は環境及び自分の信念の認知的分析にもとづいている。統合失調症患者は、自己主体感覚が持ちにくく、それを補うために自己主体判断に頼ろうとする。後者のよりどころは、視覚フィードバックなどの外的要因なので、自分自身のことなのに、まるで外から経験したような感覚になる。

離人症は、精神活動に付随するはずの感情や感覚が不在の状態をいう。離人症性障害の症状は、身体的な実感の喪失、主観的情動の麻痺、主観的想起の異常、現実感の喪失などである。脳は身体の恒常性を保つために、体内外の状況を表象に描き出し地図にして心的イメージ(原自己)を生み出す。原自己は原初感情を生成する。中核自己は、対象との相互作用が原自己とどんな関係にあるかを把握する。離人症性障害は、自己意識が言語以前の最も深いレベルで広く阻害された状態である。

自閉症は、極度の内閉的な孤独志向があり、外界からのあらゆるものに無関心で、可能な限り無視し、遮断する。右側頭頭頂接合部の働きが精神状態の表象に特化しているが、自閉症ではここがうまく機能しておらず、他者との社会的な関係作りが難しくなる。また、腹内側前頭前野と腹側運動前野や体性感覚皮質など、基本的な身体表象に関わる領域の接続が悪い。これらのことから、自閉症は、自分の身体と身体が受け取る感覚刺激を正確に知覚できず、身体自己意識が混乱し、感覚処理にも直接的な影響が出て、心の理論といった高次処理もおかしくなっている可能性がある。

このほか、ドッペルゲンガーや体外離脱、恍惚てんかんについての記述がある。

 ジョン・ダワー著「敗北を抱きしめて」を読んだ。上巻では、日本の敗戦直後の虚脱状態からパンパンや闇市の闇商人に代表される無秩序なサブカルチャー「カストリ文化」への移行、GHQによる天皇制民主主義に基づく新植民地主義的革命を経て、天皇に変えてマッカーサーへの敬意と服従を示すようになったが、やがて朝鮮戦争が始まるとレッドパージ(赤狩り)とデパージ(軍国主義者の復帰)が並行して活発化する「逆コース」に入っていく過程が詳述されている。

下巻では、マッカーサーが日本統治に有効かつ必要不可欠と考える天皇制民主主義を定着させていく過程を詳述している。マッカーサーの政策に大きく影響したのは、軍事秘書官で心理戦の責任者のボナー・F・フェラーズである。天皇の退位や処刑は日本人全員の大きく激しい反応を呼び起こすので得策ではなく、天皇と軍部の間にくさびを打ち込み、軍国主義者が天皇と国民をだましたとして一掃すれば、天皇を平和と善に役立つ存在として、日本統治を円滑に進めることができるという考えである。天皇と日本政府もこの政策に同調し、天皇制さえ保持できるのであれば、マッカーサーの要求をすべて進んで受け入れることにした。

紆余曲折を経てGHQ草案に基づく新憲法が制定された。戦力不保持を謳う九条は画期的であったが、朝鮮戦争の勃発を契機に、アメリカの要求によりなし崩し的に再武装が開始され、警察予備隊から保安隊へ、そして現在の自衛隊に至っている。

東京A級裁判は、「平和に対する罪」という事後法を導入し、国際司法の極致と称賛される一方、政治裁判で法ではないとの批判もある。東京A級裁判が終わるころ、連合国の連合は冷戦によって崩れ、内戦や植民地戦争に明け暮れていた。そしてアメリカの占領政策は舵を切り、初期の「非軍事化と民主化」の理想から逸れていった。
巣鴨拘置所のA級戦犯容疑者の数は、告訴棄却によって50名から19名に次第に減っていった。その中には右翼の大立者、児玉誉士夫と笹川良一のほかに、明敏かつ悪辣な官僚で満州国で経済界の帝王として君臨し、何千何万という中国人を奴隷にように強制労働させ、のちに首相になった岸信介がいた。

「憲法九条」や「日米安保条約」が残したもの、それは軍事占領が終結し、日本が名目的独立を獲得したときの従属的独立の遺産である。憲法九条の精神に忠誠を誓えば国際的嘲笑を招き、他方、憲法九条を放棄すれば、日本は過去の敗北を取り消そうとしているという激しい抗議を招く。

日本の戦後システムのうち、当然崩壊すべくして崩壊しつつある部分とともに、非軍事化と民主主義化という目標も今や捨て去られようとしている。敗北の教訓と遺産は多く、また多様である。そしてそれらの終焉はまだ視界に入っていない。

 屈辱的な安保条約と米軍地位協定による米軍基地および米軍活動の治外法権の現状や、日本政府のアメリカ隷従政策を見れば、現在は70年前のGHQによる占領体制と何も変わっていないと言える。権威に弱く強者にすり寄る日本人の特性は、お上に無批判に隷従する江戸時代の特性を受け継いでいるのかもしれない。

 渡辺正峰著「脳の意識 機械の意識」「脳の意識機械の意識」を読んだ。意識の問題の本質は、脳の客観と主観の間の隔たりにある。「説明のギャップ」、「ハード・プロブレム」と呼ばれるものである。脳の客観とは神経回路網の振る舞い、すなわち電気的活動であり、三人称的に観測されるものである。脳の主観とは、私たちの意識、そして感覚意識体験である。ここでの「私たち」とは、先の神経回路網に他ならない。主観とはつまるところ、神経回路網が一人称的に感じていること以外の何物でもない。

最大の問題は、我々が、客観と主観を結び付ける科学的原理を一切持たないことだ。片や神経回路網を第三者的に観測して得られる物理現象、片や、その神経回路網になり切り、それが一人称的に感じていること。この両者を因果的に説明する術を我々は持たない。従来科学は客観の中に閉じており、客観と主観を結び付けることを宿命づけられている意識の科学は、既存の科学から逸脱する。

そこで、意識の自然則を提案する。自然則とは、他の法則から導くことのできない、科学の根幹を成す法則である。万有引力の法則や光速度不変の原理などがそれにあたる。なぜという問いに答える必要がなく、また、答えることもできないものである。ただし、提案された自然則は検証可能性がなければならない。意識の自然則の実験的検証は、意識を宿すことがわかっている脳を用いて行うことになるが、本質ではない余計な要素を取り除くことに大きな制約がある。

機械による人工意識は、客観的な外部観測や中身の分析で意識の検証をするのが困難なので、自らの脳に機械を接続し、自らの意識をもって機械の意識を見極める。そこから感覚意識体験が生じれば、機械に意識が宿ったと結論づけることができる。機械に意識が宿ったときのみ、感覚意識体験が生じるようなうまい接続条件を求める「人工意識の機械・脳半球接続テスト」を提案する。自身の片方の脳半球を機械の半球に置き換え、一つの統合された意識、すなわち、統合された左右視野が出現するかを自らの主観をもってテストする。それが出現したら機械が意識を宿し、それが残った脳半球の意識とリンクしたことになる。

神経アルゴリズム、とりわけ生成モデルを意識の担い手と考える利点は、「人工意識の機械・脳半球接続テスト」に合格したことである。すなわち、生成モデルが「意識の自然則」の客観側の対象であると言える。「生成」とは高次の活動を元に、低次の活動の「推測値」を出力することで、この推測値と感覚入力由来の低次の活動を比較し、その誤差を算出しそれを道いて高次の活動を修正する。生成モデルは、生成過程などを通して情報処理を進めるといった客観的な側面と、その生成過程に沿った感覚意識体験を発生させるといった主観的な側面を併せ持つ。

機械への意識の移植を完遂する手順として、先ずは、機械の意識と脳の意識とを接続する必要がある。機械の脳半球と生体脳半球を接続し、長期間つなぎっぱなしにすることで、機械と脳二つの半球にまたがって一つの感覚意識体験が生まれれば、最大の難関、いわゆる意識のハードプロブレムはクリアされたことになる。残るは、脳から機械への広義の記憶の転写である。これはイージープロブレムに分類されるが、技術的には極めて困難である。広義の記憶は、脳の複雑かつ膨大、そして微細なハードウエア構造と完全に一体化している。非侵襲の脳計測装置では不可能であり、侵襲的な方法でも数千兆の神経細胞間の結合関係を計測するには、非現実的な膨大な時間を要する。


Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2018 個人出版コミュニティ, All rights reserved.