fc2ブログ
 申請から3週間もかかりましたが、やっと未来舎の一般振替口座の開設通知がきました。口座開設業務は郵便局が行うと思っていましたが、実際は貯金事務センターという所で行われるようです。申請から2週間ほど経って郵便局から電話がかかり、未来舎のチラシとか伝票などはないかと聞かれて、初めは何のことか分かりませんでしたが、未来舎の口座開設を必要とする活動証拠のようなものを要求しているようだったので、未来舎のホームページがあると答えると、そのURLを聞かれたので提示しました。2週間も経ってから何だと思いましたが、担当者も一般振替口座の開設は不慣れだったらしく、申請時の窓口で初めから聞いておけば良かったが、貯金事務センターからチラシとか伝票などが必要との連絡がきて、あらためて聞くことになって申し訳ないと恐縮していたので、それ以上は追求しませんでした。ただ後どれくらいかかるのかと聞くと、ホームページが分かったのでもう4日くらいとの返事でした。それで結局3週間かかったというわけです。

 口座開設通知と一緒に「郵便振替ご利用のしおり」と払込書印字サービス利用料金150円の払い込み要請書が同封されていました。印字サービスというのは、払込書に口座番号と口座名称「未来舎」を印字するもので、料金を引き落とした翌日に印字済み払込書が送付されるとのことです。「利用のしおり」を見ると、郵便貯金ホームサービスというのがあって、パソコン、ケータイ、電話・FAXにより、口座の現在高照会や口座への受入内容の照会、電信振替などができるようなので、申し込むことにしました。郵貯のホームページから申し込みできると思っていたら申込書の送付依頼ができるだけで、郵送されてきた申込書に所定事項を記入し届出印を押して郵便局または貯金事務センターに提出しなければならないようです。いくら事務のIT化を進めても、最後は昔ながらの紙とハンコでは見かけ倒しに終わってしまいます。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2024 個人出版コミュニティ, All rights reserved.