fc2ブログ
 製本の仕上げとしてブックコートフィルム(約0.07mm厚のポリプロピレン、透明)による書籍表面保護をやりたかったのですが、一冊分しかいらないのにネットだとかなりの量を購入しなければならないので躊躇していました。図書館の本にはブックコートフィルムが適用されていたので、市内の文房具店から購入しているのではないかと思って聞いたところ、本の納入元がブックコートフィルムを施工した上で図書館に納入しているとのことで、当てがはずれました。

しかし、市内にある文房具の卸商にあるかもしれないと言われて行ってみたら、在庫はないが注文すれば取り寄せると言われたので、カタログを見せて貰って最小量の商品(1.5mロールタイプで504円)を注文しました。2、3日して入荷したとの電話連絡があり、急いで取りに行きました。その帰りに念のため、市内の文房具店や包装紙店を見て回ったところ、一軒の文房具店にカバーシートという商品名で小量の商品が販売されていました。これで、購入先が2箇所確保できたわけです。

ブックコートフィルムが入手できたので製本済みの本に適用しようとしましたが、すでに年末になっていてそれどころではなく、年が明けてお宮参りも済んだ3日にようやく取りかかった次第です。使用説明は分かりにくいところがありましたが、校正用に作った本で施工練習して要領を得てから本番を実行したので、まずまずの出来映えでした。空気が入らないよう裏紙を少しずつはがしながら、定規でフィルムを本の表紙に押しつけていくのですが、フィルムを引っ張らないようにすることと、表紙の内側に折り返すための切り込みを、特に背の部分ではきちんと表紙端位置までいれることがコツのようです。なお、実作業は殆どの部分を配偶者が行ったことを付言しておきます。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2024 個人出版コミュニティ, All rights reserved.