fc2ブログ
 グルーガンによる書籍製本の本番実行の前に、校正用に印刷していた書籍本体と予備の表紙を使って予行演習をしました。先にネットで見つけてピッタリだと思っていたグルーガンによる書籍製本の解説記事は、よく見るとハードカバーの書籍を対象としており、私のソフトカバーの書籍の場合、表紙の取り付けは解説どおりにしても旨くいかないことが分かりました。また、解説にはないノウハウをいくつか得ました。

(1)書籍本体の製本機への取り付け
 書籍本体に表紙を取り付けるための見返し(A4サイズ白紙を半折りしたもの)を、本体の表と裏面に追加しました。家にある製本機は、前述のようにA3サイズの平板2枚を牒ネジで締め付けるタイプなので、書籍本体は別途4辺の端面を揃えた状態で、ずれないようにクリップなどで複数箇所を固定し、その状態で製本機に取り付ける必要があります。

このとき、製本機から5mmほど上に出した背の部分以外の箇所を固定しているクリップは、製本機によるねじ締め固定の障害になるので取り外す必要があり、書籍本体の各辺がずれることがありました。そこで、書籍本体を紙テープで束ねて固定してから障害になるクリップを取り外し、その状態で製本機にセットして固定しました。

(2)書籍本体の背固め
 書籍本体の背側を5mmほど上に出した状態で製本機を立て、糸鋸で本体の背全長に深さ約1mmの切り込みを約5mm間隔で入れた後、背の部分全体にグルーガンの引き金を引きながら溶融樹脂を塗り付けるのですが、その量が少ないと接着しない部分が出てくるし、多すぎると側面の不要なところまで樹脂が垂れてきて、見栄えが悪くなります。適正量は場合によって異なるので一概には決められず、経験的に会得するしかなさそうです。

 ある程度固まったところでクッキングシートをかぶせ、アイロンを背全長にかけて樹脂をしみ込ませるとともに、接着層を一様平滑にします。ある程度固まってからクッキングシートをはがすと、きれいな接着層が現れます。樹脂はシートには全く接着しません。

(3)表紙の取り付け
 表紙の背幅を形成する2本の稜線に竹べらで筋目をつけて曲げやすくし、背の部分をこの字型に成形してから背固め後の本体にかぶせ、表紙の上からアイロンをかけて再溶融した樹脂で、表紙を本体に取り付けたのですが、大失敗しました。
 ・表紙はインクジェットプリンター用の光沢紙に写真画像と文字を印刷したものだったので、竹べらで筋目をつけると、この字型に成形したときに角が白い筋になるのです。あまりきっちりと角を付けずに自然に本体に沿うように曲げた方が良いようです。
 ・表紙に直接アイロンをかけると画像が変色したので、当て紙を1枚敷いてその上からアイロンがけしましたが、今度は敷いた当て紙に文字が転写されて、表紙の文字が一部消えてしまいました。そこで、アイロンの温度を少し下げて、紙の代わりにクッキングシートを当ててその上からアイロンがけすると、上記の変色や転写もありませんでした。これらのことは、上記の解説記事にも書かれていません。

 次に、背に表紙を取り付けた状態で本体を製本機から取り出し、電話帳などの上に水平に置き、背の部分の両側面にアイロンがけして、背から少しはみ出している樹脂を再溶融することで、表紙と見返しを接着します。最後に、背と反対の見開き側の端面で、表紙(両面)と見返しを木工ボンドなどで接着します。

 失敗もありましたが、できあがった書籍を見るとまあまあのできで、一応書籍らしい感じはしています。表紙をつけて製本するだけでそれ以前とこんなに感じが違うのかと、我ながら感心している次第です。今回の予行演習では、製本経験者である配偶者が主体で作業しましたが、次の本番ではこの経験を生かして、自分一人だけで立派な書籍に製本したいと考えています。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2024 個人出版コミュニティ, All rights reserved.