fc2ブログ
11.日本語縦書き書籍の目次様式修正
 前述のドキュメントクラスtbookを使った日本語縦書き書籍の作成において、TeXファイルのLaTeX処理結果をdvioutで見ると、目次に「第1章 未来観測」のように「第」と「章」が自動的に入っていました。今回の原稿では、内容的に第○章とするのは大げさなので「第」と「章」を無くして「1未来観測」のようにしたいのです。

tbook.clsファイルを見ると、目次の表示様式が「第1章 未来観測」となるように設定されていることが分かりましたが、部分的にファイルを書き換えると、全体にどのような影響がでるか分からないので踏み切れませんでした。tbook.clsファイル全体を隈無く理解できれば書き換えも可能でしょうが、まだそこまでやるだけの能力がありません。

 TeX Q&Aなどで調べている内に、設定された目次様式はTeXがコンパイル時に出力する.tocというファイルに書かれており、これを修正すればよいことが分かりました。原稿のTeXファイルを格納しているディレクトリを見ると、確かにmain.tocというファイルがありました。これをテキストエディタで開き、「第」と「章」の文字をすべて削除してから上書き保存しました。この状態で原稿のTeXファイルをLaTeX処理(コンパイル)してdvioutでレビューすると、目次の各章の表示が「第1章 未来観測」から「1未来観測」のように目指した形に変わっていました。

 目次表示については、上記以外に各章のページ番号の表示位置が最下端にあり、各章のタイトルとの間が開きすぎているので、もっと上の方に詰めて間を狭めたいのですが、やり方がわからないので懸案になっています。main.tocファイルを見てもどこをどう直せば良いのか分かりませんでした。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2024 個人出版コミュニティ, All rights reserved.