やっと「LaTeX2e美文書作成入門」を読み終えました。書いてあることは日本語なので一応理解できますが、これでTeXが自在に使えるようになったというわけではありません。例示された文章や数式、画像などの表示手順を模倣するだけでは、いつまでもTeXが身に付かないようなので、少し乱暴ですがいきなり書籍製作に挑戦することにしました。原稿は私が以前書いた長編SFを使うことにします。

 書籍製作の途中経過は順次紹介したいと考えますが、その前に、TeXについての基本的な事項を要約しておきます。TeXは「テック」または「テフ」と読み、オープンソースフリーの組版ソフトです。DTPソフトの一種と言えます。本文中にタグを挿入してTeXファイルを作成する方法が採られており、HTMLやXMLのようなマークアップ言語の一種とも言えます。

 TeXの特徴としては、無料で改良自由、OS不依存、あらゆる種類の出力装置に対応、高精度(1/65536ポイント=約0.000005mm単位で文字や図形の出力位置を決定)、文書がテキストファイル、高度な組み版技術が組み込み(特に数式)などがあります。

 TeXは、スタンフォード大学のDonald E.Knuth教授(数学者・コンピュータ科学者)が1980年頃に作ったものです。最も狭い意味でのTeX(裸のTeX)は、基本的な機能しか持たない組版機構を指します。これにマクロと呼ばれる高レベルの機能を追加することによって、様々なTeXの仲間が生まれます。

 TeX作者のKnuth教授が、必要最小限のものを集めたplain TeXマクロパッケージを組み込んだTeXをplain TeXと言います。plain TeXマクロを大幅に拡張した各種のマクロパッケージ(LaTeX、Texinfo、ConTeXtなど)が作られており、それぞれLaTeX、Teinfo、ConTeXtと呼ばれます。

 LaTeXはDEC(現HP)のコンピュータ科学者Leslie Lamportによって機能強化されたTeXです。LaTeXの特徴は、文書の論理的な構造と視覚的なレイアウトの分離、章・節・図・表・数式などの自動付番、目次・索引・引用文献の自動処理、柱の自動作成などです。このような便利な機能のため、1980年代半ばに利用者が飛躍的に増大、1993年にはLaTeX2eという新しいLaTeXができました。古いLaTeXはLaTeX2.09と呼ばれます。(株)アスキーがTeXを日本語化したものは、それぞれの頭に「p」(publishing)をつけて、pTeX、pLaTeX、pLaTeX2eと呼びます。

















管理者にだけ表示を許可する


Photoshop 逆引きデザイン事典[CS3/CS2/CS/7対応]・DTPから学ぶ見るもののバランス・DTPというお仕事・さいきんのいろんなことども・LaTeXによる書籍製作(1) DTPというお仕事(koicyの妄言)僕は DTP を生業としている。 主に 書籍 の組版を。16 DTPを...【2007/10/31 12:54】
この本では最前線のPhotoshop作家28人がそれぞれの作風を活かした作品を一枚ずつ紹介し、それぞれの作品ができる過程を順序を追って詳細に掲載している。初心者の教則本にありがちなイマイチやる気の起きない見本とは異なり、一枚一枚の作品のクオリティが非常に高く、す DTPを...【2008/01/07 03:48】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 個人出版コミュニティ, All rights reserved.