fc2ブログ
 マッケンジー・ファンク著「地球を売り物にする人たち」を読んだ。気候変動が確信的になっても人類は早急にそれを止めることなく何をしているのか―本書がそれを探る過程で人間の本性をあぶりだした結果、自己保存と目先の利益を追い求める「共有地の悲劇」と「現在志向バイアス」の物語となった。

気候変動ほど大規模で普遍的な出来事が、悪いことばかりであるはずがない。そこには途方もないビジネスチャンスがある。本書は気候変動の「カネ」にまつわる側面をまとまったかたちで紹介している。
気候変動関連ファンド(クリーンテクやグリーンテクよりも、温暖化が進んだ時に業績が伸びそうな企業を重視)、氷が解けて開ける北極海の航路とその領有権、氷が解けることでアクセス可能になる地下資源(北極海やグリーンランドなどの石油、天然ガス、鉱物資源など)、人工雪製造、淡水化プラント、火災やハリケーンなどの保険、営利の民間消防組織(保険会社と提携し、料金を支払う人だけを守る)、水供給ビジネスや水利権取引、農地獲得(豊かな国や企業が、21世紀最初の10年間で日本の面積の2倍以上を確保)、難民の流入防止や拘束、護岸壁や防潮堤、浮遊式の建物や都市の建設、バイテク(病原体を運ぶ蚊の駆除や遺伝子組み換え農作物など)、気候工学の応用(人工降雨、太陽光を遮る成層圏シールドなど)・・・・。

これらのビジネスの問題点はそこに「不公平」があることだ。つまり儲けを手にしたり恩恵を受けたりするのは、もともと豊かで、そもそも温暖化に大きく寄与している人々であり、そのしわ寄せを受けるのは、もともと貧しく、そもそも温暖化にはたいして寄与していない人々であるという、いわば「加害者」と「被害者」の構図が存在することである。

日本は、二酸化炭素排出量や食糧低自給率による国外農地への負荷と食糧輸入時の輸送用燃料消費、ミネラルウォータの輸入、食糧輸入による外国での間接的な水消費、輸出品のための水消費などからみて、加害者の側にあることは間違いない。一方、海面上昇による土壌の塩性化、水没、洪水、高潮、津波、温暖化による農業生産への影響、デング熱やマラリアといった病気の発生、異常気象現象の多発などから被害者となる展開もある。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2024 個人出版コミュニティ, All rights reserved.