菅野完著「日本会議の研究」を読んだ。本書は、日本会議の経歴や組織、活動、安倍政権との関係などについては、以前紹介した青木理著「日本会議の正体」と大枠で類似しているが、徹底した情報収集と取材を通じて、日本会議を支える重要人物、実行部隊、黒幕などをリアルかつ詳細に記述しているところがユニークである。

日本会議の右傾化路線の桃源は、「70年代成長の家学生運動」における「椛島有三」、「伊藤哲夫」、「教団」の3グループの活動にあった。
「椛島有三グループ」は、「日本青年協議会」を率いて日本会議の実行部隊とし、国会議員懇談会を介して安倍政権に繋がる。また、首相補佐官・衛藤晟一は日本青年協議会幹部である。
「伊藤哲夫グループ」は、「日本政策研究センター」を通じて安倍政権に繋がる。代表・伊藤哲夫は安倍の私的ブレーンである。
「教団グループ」は、「谷口雅春先生を学ぶ会」を通じて草の根保守への支援を行い、安倍政権の「大義の支持」による精神的支柱になっている。谷口雅春は成長の家創始者である。
そして、これらのグループを束ねる黒幕は、成長の家政治局政治部長の安藤巖である。

重要人物としてあげられているのは、先ず、日本政策研究センター代表・伊藤哲夫である。安倍政権の生みの親とさえ言われ、東京基督教大の西岡力、福井県立大の島田洋一、高崎経済大の八木秀次、京都大の中西輝政の各教授とともに、安倍のブレーン「五人組」と称される。
2人目は日本大教授・百地章である。「集団的自衛権合憲」を主張する憲法学者で、「美しい日本の憲法を作る国民の会」幹事長、「二十一世紀の日本と憲法」有識者懇談会事務局長を務める。
3人目は明星大教授・高橋史郎である。日本青年協議会幹部で、非科学的な「親学」を提唱している。

今後ますます「改憲」に向けて、日本会議・日本青年協議会の国民運動は苛烈さを増してくるであろう。彼らは「きわめてファナティックで」、「特殊すぎる思想で政治運動をする」人々と言わざるを得ず、安倍政権は、このような人に支えられ、改憲路線を突き進んでいるのだ。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 個人出版コミュニティ, All rights reserved.