光化学協会編「人工光合成」とは何かを読みました。人工光合成とは、触媒への太陽光照射によって水を酸化して水素を生成するとともに、二酸化炭素を還元して炭水化物を生成することによって、太陽光エネルギーを物質の化学エネルギーに変換するものです。生成した水素はクリーンエネルギーとして利用でき、炭水化物は化学製品の原料となります。さらに、地球温暖化の主原因である二酸化炭素を大幅に削減できるという利点があります。人工光合成を基盤とするエネルギーシステム実現の目標は2050年とされています。

政府は、先のない原発推進への税金の無駄遣いを止めて、未来に希望をもたらす人工光合成などの再生可能エネルギーシステム推進に税金を有効活用してもらいたいものだ。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 個人出版コミュニティ, All rights reserved.