fc2ブログ
 ブログ「本を買ってください」や、そこで手本として引用されているHP「コラム本出版までの道のり」を読むと、ISBNの取得は簡単にできるようなんですが、出版社でもない個人が本当にできるんだろうかという疑問が湧いてきて落ち着かなくなりました。そこで、ISBNを管理している本家本元の日本図書コード管理センターのHPを読むことにしました。

 目次の最初「日本図書コードとセンターの役割」に、上記の疑問が氷塊する次のような文言が明記されていました。

『この膨大な出版物を、どの国の、何と言う出版者の、どのようなタイトルの出版物であるかを特定でき、容易に検索できる基盤となる番号を決定するシステムが「ISBN」(International Standard Book Number)つまり国際標準図書番号です。
 わが国では1981年からこの国際団体に加盟し、出版物へのISBNの記載を推進して参りました。
 更にわが国では「ISBN」の基本部分に加えて、「読者対象」「発行形態」「内容」を示す分類コードと本体価格を加えたコード体系を開発し「日本図書コード」として使用しています。
 この「日本図書コード」を印刷することによって出版物は国際的なコード体系の一部を構成することになり、また国内流通の基本条件を備えることになるわけです。
 ISBNは書籍類を発行しようとする場合法人と個人とにかかわりなく誰でも取得できるようになっているのはこのような理由によってなのです。』

 これで最初の疑問は氷解しました。そのほか取得方法や費用なども詳細に書かれているようなので、良く読んで次回に紹介したいと思います。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2024 個人出版コミュニティ, All rights reserved.