fc2ブログ
 色々調べてきて、最低限の費用で紙ベースの本を出版するには、結局自分で印刷・製本・販売するしかないと思い始めていたら、まさにそれを6年前から実際に実行している人がいました。あくり出版というサイトでDIY産直出版を提唱し、体験に基づいたその実現方法を本とCDにまとめて販売しています。また、簡易製本キットも合わせて販売しているようです。個人出版のビジネスモデルのようなところです。

 「あくり」とはあっと驚くクリエイティブなという意味の造語で、「DIY産直」はDo It Yourself産地直送という意味だそうです。つまり、書き手が自分で印刷、製本、販売のすべてを直接やってしまうということです。原稿はWordで作成し、PCプリンターで印刷、簡易製本キットで製本、自分のサイトのホームページでネット販売するというものです。

 自分のために2,3冊の本をつくるだけであれば、製本キットなしでも手作りで製本すれば良く、ホームページで本を紹介することも簡単です。その実例もネットで見かけますが、ここの特徴は、出版会社を立ち上げ、本にはISBNを付けて販売していることです。単に、個人で本を作ってもISBNは付けられず、市場に流通させることはできません。これが個人出版の悩みの種なんですが、そこを突き抜けているところがすごいです。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2024 個人出版コミュニティ, All rights reserved.