fc2ブログ
 ミチオ・カク著「2100年の科学ライフ」を読みました。本書は、量子物理学者である著者が、最先端の科学者300人以上への取材にもとづいて、近未来(現在~2030年)、世紀の半ば(2030~2070年)、遠い未来(2070~2100年)の各段階で、コンピュータ、人工知能、医療、ナノテクノロジー、エネルギー、宇宙旅行などのテクノロジーがどのように発展し、日常生活や人類文明がどのように形作られるのかを予測したものです。

今世紀の終わり頃には、センサーを介した脳とコンピュータの相互リンクによって、心が物を支配したり逆に心を読めたりするようになる。人工知能は人間の脳を凌駕するようになり、人間とロボットの融合が進む。医療はバイオテクノロジーの進歩によって、遺伝子治療、再生医療、老化防止などが普通に行われるようになる。ナノテクノロジーは、どんなものでも作れる分子アセンブラ「レプリケーター」を生み出す。エネルギーは核融合、常温超伝導体による磁気力、宇宙太陽光発電が使われる。宇宙旅行は、宇宙エレベーターを使って火星と小惑星帯に基地が建てられる。また、太陽帆、原子力ロケット、核融合ラムジェット、ナノシップ、反物質ロケットなどによる恒星間探査機(スターシップ)が実現する。

 上記のテクノロジー革命はすべて、たったひとつの点―――惑星文明の創造―――へ向かっている。文明を消費するエネルギーによってランク付けすると、タイプⅠ、Ⅱ、Ⅲになる。タイプⅠ文明は、惑星規模の文明で、惑星に降り注ぐ主星の光およそ10の17乗ワットを消費する。タイプⅡ文明は、恒星規模の文明で、主星が放つ全エネルギーおよそ10の27乗ワットを消費する。タイプⅢ文明は、銀河規模の文明で、数十億個の恒星のエネルギーおよそ10の37乗ワットを消費する。各タイプのあいだには、100億倍の開きがある。現在の我々の文明はタイプ0、正確には0.7にあたり、100年以内にタイプⅠ文明に到達する。AからZまでのアルファベットの文字が情報量に対応するような、情報処理に基づく別の尺度によると、われわれの文明はタイプHに分類される。従って、処理するエネルギーと情報量を加味して、現代文明はタイプ0.7H文明だと言える。

 わくわくするような未来のテクノロジー満載で、要約することは到底でませんが、未来文明がどのようになり得るのかについて、明確なビジョンを与えてくれます。SFを読んだり創作したりするときには、大いに参考になると思います。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2024 個人出版コミュニティ, All rights reserved.