fc2ブログ
電子出版と一口に言っても様々な形態があるんですね。最もシンプルなのはいわゆる電子本で、内容をディジタルデータファイルとして保存、データの一部をサイトで公開し、読者はダウンロードしたファイルを特定のビュワーソフトを使ってパソコンで読むというものです。

これだと著者が電子データファイルを作れば出版に費用はかからないと思われますが、サイト運営者は電子本製作費用という名目で所定の料金を請求しているようです。例えば、猫乃電子出版というサイトでは、非商業出版向けで10,500円、商業出版向けで31,500円(容量1MB以下)、52,500円(容量1MB以上)となっています。特定のビュワーで見れるようにファイル変換するだけの自動的作業にしては、不当に高いのではないでしょうか?このファイル変換を著者がやった場合でも、上記料金が各々10,500円、31,500円となっており、リ-ズナブルとはとても言えません。

次には従来の紙ベースの出版と電子本の接点に位置すると思われるオンデマンド出版があります。ディジタルデータファイルとして保存、データの一部をサイトで公開するのは電子本と同じですが、購入手続きが完了したものだけを紙に印刷、製本して配送するというものです。オンデマンド出版機能を有する書店であれば、その場で印刷、製本、販売するようです。

これも著者がディジタルデータファイルを作れば、印刷、製本するまでは費用はかからないはずなのに、基本料金とかいう名目で所定の料金を事前に徴収しているようです。例えば、万能書店というサイトでは、完成品を当該サイトでネット販売するという前提で、基本料金23万円と初版印刷部数50部の印刷費用が必要としています。基本料金の内訳は不明ですが、23万円はどう考えても高すぎます。その点では、先に紹介した、ホンニナル出版は、ディジタルデータファイルをサイトに保存し、データの一部(表紙と中面2ページ)公開までは、全く費用がかからないというユニークさがあります。まあ、無料出版といっても良いのではないかと思います。

そのほかには、電子本、オンデマンド出版、従来の紙ベースの出版のいずれにも対応するようにしている、例えば、e-book land、のようなサイトもあります。ここも電子本で9万円、オンデマンド出版では印刷費用(A5サイズ200ページで2940円/冊)のほかに、出版手数料10万円、ISBN付は+5万円、アマゾンのネット販売はさらに+5万円という法外なものです、

なぜ、本とか出版とかの名前が付くと、単なるディジタルデータファイルのアップロードに高額な費用が請求されるのか理解できません。これは出版業界の体質なのか、それともそれに便乗しているサイト運営者の悪癖なのか、あるいは両方なのかもしれません。こうなったら、自分のホームページか投稿無料サイトに自分の作品をディジタルデータとしてアップロードするしかないでしょう。誰も読まないという恐れはたぶんにありますが・・・。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2024 個人出版コミュニティ, All rights reserved.