fc2ブログ
 大賞受賞作を海外でも同時に出版する小説新人賞、「ゴールデン・エレファント賞」が設立され、応募約150作の中から第1回の大賞に主婦、中村ふみさん(49)の「裏閻魔」と会社員、荒井曜さん(54)の「慈しむ男」が選ばれた。4カ国の出版社による共同主催。運営事務局は「新人作家を大きく売り出し、将来的には国際的に認知される賞を目指す」と話す。

 運営するのは日本の薯T出版社、米国のバーティカル社、中国の上海訳文出版社、韓国のソダム&テール出版社で、「裏閻魔」は3月4日に4カ国で同時発売する。2月4日から大規模な宣伝活動を実施し、歌手alanさんが歌う小説ヒロインのイメージソングを日中同時配信したり、日中韓のインターネットのサイトで作品を無料配信したりする。

 新人賞受賞作は初版数千部が相場だが、「裏閻魔」の国内初版部数は10万部を目指す。賞運営事務局の宮武良行・局次長は「少部数ではエンターテインメントが縮小してしまう。夢を抱いて、大規模に始めたい」と話す。「慈しむ男」も7月に各国で出版予定という。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2024 個人出版コミュニティ, All rights reserved.