fc2ブログ
 ネット記事によると、ドリームネッツは個人でも自分で電子書籍を出版し販売できる日本初の電子出版ASPサービス「wook」(ウック)を6月10日から開始するという。作成した電子書籍はパソコン及びiPhoneやiPadでの閲覧にも対応している。

 PDFファイルから自動的に電子書籍を作成。書籍紹介・販売ページの設定管理等、全ての操作がWebブラウザ上で完結。容量1Gでシステム利用料12,000円/年、販売手数料=書籍価格の40%という。

 Wookサイトのサンプルを見ると日本語縦書きには対応していないようです。iPhoneやiPad対応ということから電子書籍の書式はepubかもしれません。システム利用料や販売手数料が結構高いような気がします。販売価格を考慮するとこれで利益を出せるような電子書籍があるのでしょうか?サイト表示では販売手数料は35%となっていて記事とは違うのですが、どちらが正しいのでしょうか?

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2024 個人出版コミュニティ, All rights reserved.