fc2ブログ
今時、個人で本を作ろうとするとDTPを使うことになると思いますが、市販のDTPソフトは高価すぎて手が出ないので無料ソフトをネットで調べたら”Scribus”というオープンソースDTPソフトがありました。一通り使ってみましたが、機能的には高度なもので、市販のDTPソフトに引けを取らないと思います。作成したドキュメントはPDF形式で保存することもできます。

ただし、現状はドクメント作成における日本語対応が十分ではなく、フレーム内の日本語テキストの編集が外部テキストファイルからのインポートという間接的な方法になります。また、テキストは横書きだけで、縦書きができないようです。操作メニューなどはほとんど日本語化されており、違和感はありません。

”Scribus”はオープンソースなので、OSのLinuxのように次々と進化しているようで、いずれドキュメント編集の日本語対応も完全なものに近づいていくものと思われます。”Scribus”の具体的な使用例については次の機会に紹介したいと思います。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2024 個人出版コミュニティ, All rights reserved.