fc2ブログ
 SF短編集の原稿第6弾です。原稿に対するご感想をお寄せ下さい。

「出生証明」・・・・・・・・・・・十合ヒロシ
 自然保護区の野生猿が餌場に引き寄せられるように、俺は生活保護局食糧配給所ビルに近づいていった。胸ポケットの遺伝子カードを確認し、玄関ドアを抜けていつもの窓口でカードを差し出した。係官はカードを読取機に差込み、モニター画面に応答が表示されるのを待った。何時もより応答に時間がかかっているのを見て、俺はじりじりすると同時に段々不安になってきた。どうしたんだ?早くしてくれ!偽造カードだとばれてしまったのか?いや、そんな筈はない、今まで旨くいってたんだから……。

20年前、異常気象と環境破壊の累積によって深刻な食糧危機が現実のものになった。これに対処するため政府は食料の配給制と人口抑制という施策を推し進めた。人口抑制策として出生法が改正され、妊娠時の遺伝子診断で健全性が証明されないと出産できないようになった。母親が俺を身ごもったとき、法指定の不適合遺伝子が3つもあるから健全性を証明する遺伝子カードを発行できないと言われた。しかし、どうしても生みたいと思った母親は、不正医療で資格を剥奪された医者に大金をはたいて偽造遺伝子カードを作らせたのだ。それは裏社会では定評のある高精度のカードで、余程厳密な照合チェックをしない限りばれる筈がないのだ。健全な出生を証明し国民としてのすべての権利を保証する遺伝子カードの偽造は重大犯罪で、作成も使用も死刑がきまりになっている。

「土岐さん、お手数ですが横のドアから中に入ってもらえませんか? カードが古いせいか読取り難いんで新しく作りますので、中で待っていてください」
係官の声でギクリとした俺の全身に警戒警報が鳴り響いた。これは罠だ、偽造カードだとばれてしまったんだ。俺は玄関ドアへ突進し近くにいた事務員を突き飛ばして外に出ると、鳴り響く非常ベルを後にして全力で駆け出した。一瞬後パトカーが急発進し、サイレンが神経にさわる甲高い音を響かせた。

俺は土地勘を生かしてパトカーが入れないような狭い路地から路地へドブネズミのように走り回り、配給所ビルからかなり離れた区画の小さな公園に出てほっと一息ついた。あたりに誰もいなようなので、カラカラに渇いた喉を潤すことにした。蛇口からゴクゴクと水を飲み顔を上げると、どこから現れたのか警官が二人いてギョッとする俺を見て云った。
「遺伝子カード偽造容疑で逮捕する!」
とっさに逃げようとしたが警官は素早く俺に手錠をかけ、手慣れた動作で身体検査を済ますと公園入口にとめてあったパトカーに俺を押し込んで車を急発進させた。

連行された県警本部二階の一番奥にある取調室では、赤ら顔で頭の禿げ上がった小太りの刑事が待ち構えていた。赤禿は俺を連行してきた警官に命じた。
「此奴の遺伝子チェックをやれ」
警官は俺の左腕の袖口をまくりあげ机上の血圧計のような器械に押し込んだ。チクッと微かな痛みがしてしばらくすると器械前面のライトが赤から青に変わり、チェック結果がプリンタから吐き出されてきた。赤禿はチェック結果を見ながら云った。
「お前は法規定の異常遺伝子を三つも持ってるじゃないか。遺伝子カードの偽造だけでも死刑に値するのに、これじゃ裁判なしで即死刑だな」
俺は高いビルから落ちる夢をみた時のように、全身からすうっと血の気が引き脇の下から冷や汗が噴き出すのにじっと耐えた。赤禿は机上の分厚い書類を俺の方に押しやりながら、俺の気持ちを見透かしたかのように冷笑を浮かべて云った。
「しかしお前は運がいい。今、月面基地ではクレータ底の氷や鉱物を掘削・採取する作業員を募集している。指揮者の遠隔指示で作動する特殊作業員だ。この同意書にサインすればお前は国内法適用外になり、死刑は免除される」
俺は助かりたい一心で書類を読みもせずにあわてて署名し、拇印を押した。

「それでいい。此奴を変生室へ連れていけ」
「ちょっと待ってくれ、変生ってなんだ?」
「今お前が署名した書類に書いてあったろうが…、読まなかったのか?」赤禿はニヤニヤしながら云った。
「お前の顔を見るのも最後だから教えてやろう。変生というのは人間の脳神経電位パターンを抽出して電子チップに転写することだ。これで安上がりの知能ロボットが作れる訳だ」
「体の方はどうなるんだ?」俺はいやな予感がして云った。
「パターン抽出後の脳は損傷で回復不能になるから体ごと合成食糧の原材料として活用される。さあ、もう行くんだ」
「いやだ!そんなことされる位なら死んだほうがましだ!人間にそんなことをするのは法律で許される筈がない」
「仕方がない教えてやろう。お前はまともな人間じゃない。法で禁じられているクローン人間なんだ」
「うそだ!俺は不適合遺伝子を持って生まれたから母親がもぐり医者に頼んでカードの偽造を……」
「そう教えられただけだろう。動かぬ証拠があるんだよ。お前のDNAは不適合遺伝子を含めて父親のと100%一致してるんだ。クローン以外ではあり得ないことだ。さあ、もう観念して月へ行くんだ」

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2024 個人出版コミュニティ, All rights reserved.