fc2ブログ
 ネット記事によると、教科書出版大手の大阪書籍は10日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請したという。少子化による教科書売り上げの伸び悩み、他社との競合、原材料費の高騰が収益を圧迫、不動産事業への進出失敗で行き詰まったとのこと。負債総額は66億2700万円。教科書会社の倒産は珍しい。

 また、別記事によると、写真集や統計データ集を出版するアーカイブス出版は7日、東京地裁に民事再生の適用申請し、同日付で保全命令を受けたという。負債総額は9000万円。同社は2007年1月に創業。出版計画が順調にいかず、点数が少ないため取次会社からの入金も少なく、資金繰りに行き詰ったという。

 それにしても出版社の倒産は歯止めがかからないようで、このままではいずれ出版文化の崩壊という最悪のシナリオが現実のものになりそうです。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2024 個人出版コミュニティ, All rights reserved.