fc2ブログ
 Amazon e託販売サービスから「個人出版社への道」の新規納入依頼がきました。7月発行から約半年で6冊目なので1冊/月の頻度になります。少ないようですが、約1年かけて1冊も売れないSF長編「未来の影」と「超神記」に比べれば良しとしなければならないでしょう。

 Amazon e託販売は、一定以上の売り上げ実績がないと1冊だけしか委託できないし、しかも売れた分しか納入依頼がこないという堅実な仕組みになっています。つまり究極のオンデマンド出版・販売システムと言えます。まあ、こちらは執筆、印刷、製本を一人でやっているので、一度に100冊納入依頼がきても1週間の期限では対応できないので、ちょうど良いのですが・・・。

 今回の発送で1冊あった予備もなくなったので、新しく4冊分を印刷・製本しました。侘びしいですがこれであと4ヶ月はもつでしょう。格安・自力出版を目指す人には十分役立つ本で、ニーズはあると思うのですが、思ったほど売れないのはなぜでしょうか?素人の書いたSFが売れないのは仕方のないことだと思いますが・・・。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2024 個人出版コミュニティ, All rights reserved.