fc2ブログ
 「なか見!検索」用PDFファイルの規定の内、すべてのフォント埋込み及び過剰余白削除を満たす方法を考えました。現状はTeX文をコンパイル出力したdviファイルを、dvipdfmでPDF出力ファイルにしていますが、dviファイルを「クセロPDF」でPDF化することにして、その際、すべてのフォントを埋め込むメニューを選択、さらにdviファイル表示ソフトのdvioutで用紙をA5サイズに選択した状態で、「クセロPDF」のPDF出力用紙をA5サイズ(カスタム)に指定すれば、最終出力PDFはすべてのフォントが埋め込まれ、過剰余白も発生しません。

 上記の方法で作成したPDFサンプルをAmazonに送付して検討してもらったところ、栞作成以外の問題点は解決されており、栞はAmazonで追加するので残り2点のe託販売書籍のPDFファイルも同様の方法で作成し、アップロードして欲しいとのことでした。

 本文が文字だけのSFは直ぐにアップロードしたのですが、挿入図表がある実用書の方は旨くいきません。というのは、挿入画像はJPEGまたはPNGなので、読みとるにはdvipdfmでPDF出力せざるを得ず、dvioutでは挿入画像は表示されません。従ってdviファイルを「クセロPDF」でPDF化しても図表は表示されないわけです。

画像をすべてEPSファイルにして出力ソフトにdvioutまたはdvipsを使うか、Susieプラグイン併用のdvioutを使うか、画像をすべてbmpファイルにしてdvioutを使うなどの方法を採ればできないことはないでしょうが、そこまで手間暇をかけてまではやる気がしません。そこで、実用書については規定を満たさない現状のままのPDFファイルで良いかどうか問い合わせました。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2024 個人出版コミュニティ, All rights reserved.