fc2ブログ
 やっと3部製本できたのですが、表紙カバーの出来映えが思っていたようには旨くいきませんでした。今回は表紙として手持ちの180K厚B4ケント紙を白紙のまま使い、その上に印刷したA42枚を貼合わせた表紙カバーを取り付ける方法を採用しました。A4紙2枚を貼合わせた平面状態では隙間や境界線が無かったのですが、背の部分で折り曲げると境界線が現れてきました。また、背部や表紙内側への折り曲げ部分および色の濃い部分では、局部的にインクが剥がれて白くなっていました。

 これは表紙カバー用紙として135K厚上質紙を購入するとき、棚の表示ラベルを勘違いして180K厚上質紙を購入してしまったためと思われます。つまり、用紙が厚過ぎたために折曲げ境界が出やすく、レーザプリンタのトナー焼き付け温度が不十分だったのではないかと思われます。プリンタ用PP紙のような薄い紙であれば、上記のような問題は生じなかったのです。

 今回の体験から言えることは、180K厚の白紙で表紙を作成して樹脂で本体に取り付け、これに60K厚くらいの薄手の表紙カバーをボンド接着した方が綺麗に仕上がるということです。表紙カバーは、A4のPP紙2枚に画像や文字などをPCプリンタで印刷して貼り合わせてA3サイズにし、これをコンビニなどにあるカラー複写機内蔵の用紙そのまま(50~60K厚)でカラー複写して作成すれば良いでしょう。

 製本が完了したのでAmazon e託販売に商品登録しようとしましたが、登録画面1ページ目の入力が終わって「次のページ」をクリックすると、なぜかログインページに戻ってしまって登録できないのです。2回やり直してもダメで、Excelによる複数商品の一括登録という新方式で試してもダメだったので、サポート係にクレームメールを送信しておきました。Amazon e託販売はいつもレスポンスがないので今回もなしのつぶてではないかと心配しています。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2024 個人出版コミュニティ, All rights reserved.