fc2ブログ
 画像配置や改行位置、行頭インデントなどを修正して、やっと本体部分の原稿の電子化が終わり、表紙カバーのデザインとバーコード作成を残すだけになりました。そこで忘れないうちに今回の問題点と解決過程を記録しておくことにします。

 先ず、本文への画像挿入配置について記します。TeXによる画像表示は画像形式と画像出力ソフトによってコマンドが異なります。

(1)EPS画像の表示
 事前にフリーソフト"Ghostscript"がインストールされていなければなりません。TeX文は次のようになり、コンパイルするとこれと同じフォルダに保存されていた画像が表示されます。
EPS画像挿入

tiger

LaTeX解説本では、この方法はおそらくpdfTeX以外ならどんな出力ソフトでも使えるはずとなっていますが、実際にはdvips以外はうまくいきませんでした。また、画像をEPS形式に変換しなければならないし、書籍データは最終的にPDFファイルとして保存するので、出力画像がPDFビュワーで読取れないことになります。

(2)BMP画像の表示(dviout)
 出力ソフトはdvioutを使用します。画像の横サイズ、縦サイズ(ピクセル数)を[bb=0 0 横 縦]の形式で書いておきます。
BMP挿入画像

mirai

 この方法もdvioutによる出力画像がPDFビュワーで読取れないことになります。

(3)JPEG,PNG画像の表示(dvipdfm(x))
 TeXの出力をPDFファイルに変換するdvipdfmやdvipdfmxを使いますが、graphicxパッケージを読み込む際のオプションとしては、いずれの場合もdvipdfmを指定します。本文のPDF化とマッチングしテキスト、画像ともPDFビュワーで読みとれ、そのまま印刷できるので実際的な方法です。TeX文は次のようになります。
JPEG画像挿入

marabu


(4)PDF画像の表示(dvipdfmx)
 出力ソフトはdvipdfmやdvipdfmxとなっています。解説本では、TeXはPDFのbb情報を読みとれないためbbファイルをTeXコマンドで作成するように書いてありますが、これを作ってもPDF画像の余白が広くなりすぎて旨く表示できませんでした。高価なソフトのAcrobatを使って事前に余白を切りつめておく必要があるようで、とても採用できません。

 以上のことから、今回はすべての画像表示を上記(3)の方法で行うことにしました。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2024 個人出版コミュニティ, All rights reserved.