fc2ブログ
本を出版したいと思っている人は多いのですが、アマチュアが原稿を出版社に持ち込むとほとんどの場合、自費出版や協力出版(名称が違うだけで実質的には自費出版)を勧められ、目玉が飛び出るような高額の費用を要求されて、普通の人は断念することになります。お金がいくらかかってもよいから本を出したい人や、出版社が買い取るような商品価値のある原稿の場合は問題ないのですが、あまり一般的とは言えません。

出版社が出している懸賞小説などの公募もありますが、編集者の好みによって左右される面もあり、よほどの力量のある人でないと入選することは極めて難しいと言わざるを得ません。場合によっては、応募先から「入選の一歩手前までいった作品なのでこのまま埋もれるのは惜しい。協力して出版しませんか?」などと言われて、いわゆる協力出版(高額費用)を勧められることもあります。

それではお金も力量もあまり持たない私のような普通の人が、いくら望んでも本を出版する道は閉ざされているのでしょうか?このような疑問から、出版社に頼らずに必要最小限の費用で本を出版する方法を調べ、できれば実現したいと考えて、このブログを始めました。調べた内容は、順次紹介していきたいと思いますので、ご協力をお願いします。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2024 個人出版コミュニティ, All rights reserved.