fc2ブログ
司法試験や公務員試験があるのに、どうして政治家には資格試験がないのか?小学館文庫『国会議員基礎テスト』 。軽すぎる発言、居直り、逃亡・・・モラルの低下を問われて久しい国会議員の質はどうしたら担保できるのか?政治に期待しなくなった世の中に一石を投じ、永田町を震えさせた問題作がついに文庫化!

三世議員の黒部優太郎は、典型的なボンボン議員。部会や委員会をさぼってはデートに明け暮れていた。秘書の橋本は、そんな優太朗の尻ぬぐいに追われるうち、以前から抱いていた「政治家になる」野望を膨らませていく。ある日、優太郎は橋本が周到に準備したテレビ番組の企画「国会議員検定試験」で最下位となったことにくわえ、番組キャスターとの不倫スキャンダルに巻き込まれ、り議員辞職を余儀なくされる。橋本は補欠選挙を勝ち抜き、晴れて代議士となった。

かねてから三権分立のうち、立法府を構成する国会議員にだけ試験がないことを疑問に思っていた橋本は、程なく、政治家にも資格試験を義務化する「国会議員基礎テスト」法案の立法に向けて邁進!ところが、議員自身を苦しめる法案に賛成する政治家など与党内にはおらず、孤立無援となる・・・。

政治家とはいったいなんなのか?普段なにをしているのか?よい政治家とそうでない政治家の違いとは?この本を読めばわかります。全国民必読の政治エンターテインメント!!
題材は政治ですが、著者ならではの人間味あふれるキャラクターがいきいきと描かれていて、おもしろおかしく、イッキに読めます。

解説は舛添要一氏。‹‹本書は、エンターテインメント小説としても一級の面白さであり、登場人物が発する言葉は、実際に政治家の使った表現をそのまま借用するなど、フィクションでありながら現実とオーバーラップしてしまう皮肉な手法を採用している。そして、著者は、実際の自民党政治の現場や国会運営などを実によく観察している。

たとえば、自民党政務調査会の部会での議論、陳情に来る業界との関係、各委員会の運営など正確に実情を記している。また、国会議員候補者がどのように選挙を戦うのかについても、実態に即して記述してある。さらには、国会や選挙に関するルールについて説明してあり、本書は日本の政治を理解するための優れた教科書となっている。››


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2024 個人出版コミュニティ, All rights reserved.