fc2ブログ
 ロバート・B・ライシュ著「暴走する資本主義」を読んだ。米国は1970年代以降、大企業はより競争力を付け、グローバルに展開し、先進性のある存在となった。資本主義の暴走、著者が超資本主義と呼ぶ状況が生まれた。超資本主義は、経済的な権力が消費者と投資家へと移っていくとともに、勝利していった。消費者と投資家の選択肢は広がり有利な条件の取引に乗り換えることができるようになった。そして彼らを引き付けておくための企業間の競争も激化した。

超資本主義の勝利による影の部分が社会に現れてきた。経済格差の拡大や雇用不安の増大、地域社会の不安定化や消失、環境悪化、海外における人権侵害、商品やサービスの過剰氾濫など。他の先進諸国も米国と似たような状況に陥り始めている。

超資本主義を加速させたのと同じ競争が、政治決定プロセスにまで波及するようになった。大企業は専門家集団を雇い、また多額の資金を選挙活動に注いでいる。その結果、市民の声や価値観はかき消されてしまった。また産業別労働組合、市民団体、監督官庁など、市民の価値観を示していた旧体質の組織は、超資本主義の突風に吹き飛ばされてしまった。

改革派の多くは、超資本主義の副作用から民主主義を守るのではなく、特定の企業の行動を変えることに専念するようになり、人々の関心を民主主義を修復することからそらしてしまう結果になった。改革派のすべきことは、変更したい法律や規制に注力し、それを一般大衆に働きかけることである。企業献金が持つ影響力を弱め、民意を活性化させることが最も効果的で重要な改革である。

超資本主義の勝利は民主主義の衰退を招いた。民主主義と資本主義を同時に享受するためには、両社の境界を明確にしなければならない。資本主義の目的は消費者と投資家によい取引条件を与えることである。民主主義の目的は、私たちが一個人では達成できないような成果を得ることである。企業が意識的に社会的責任に取り組み始めたり、競争力を維持したり優位にするために政治を活用しようとしたときに、この境界は破られてしまう。

私たちは全員消費者で多くは投資家でもある。そしてこれらの立場において可能な限り最高の条件を得ようと努力する。これらの個人的な利益は社会的なコストを伴う。私たちはまた民主主義に参加する権利と責任を持つ市民でもある。したがって、私たちは民主主義という権力で、社会的コストを引き下げ、それによって購入する商品やサービスの真の価格を下げることができる。しかしこのことは、私たちが市民としての責任を真剣に考え、民主主義を守ろうとしてはじめて達成できる偉業である。最初の一歩は、私たちの考えを整理してきちんとした形にしていくことである。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 個人出版コミュニティ, All rights reserved.