fc2ブログ
 渡辺正峰著「脳の意識 機械の意識」「脳の意識機械の意識」を読んだ。意識の問題の本質は、脳の客観と主観の間の隔たりにある。「説明のギャップ」、「ハード・プロブレム」と呼ばれるものである。脳の客観とは神経回路網の振る舞い、すなわち電気的活動であり、三人称的に観測されるものである。脳の主観とは、私たちの意識、そして感覚意識体験である。ここでの「私たち」とは、先の神経回路網に他ならない。主観とはつまるところ、神経回路網が一人称的に感じていること以外の何物でもない。

最大の問題は、我々が、客観と主観を結び付ける科学的原理を一切持たないことだ。片や神経回路網を第三者的に観測して得られる物理現象、片や、その神経回路網になり切り、それが一人称的に感じていること。この両者を因果的に説明する術を我々は持たない。従来科学は客観の中に閉じており、客観と主観を結び付けることを宿命づけられている意識の科学は、既存の科学から逸脱する。

そこで、意識の自然則を提案する。自然則とは、他の法則から導くことのできない、科学の根幹を成す法則である。万有引力の法則や光速度不変の原理などがそれにあたる。なぜという問いに答える必要がなく、また、答えることもできないものである。ただし、提案された自然則は検証可能性がなければならない。意識の自然則の実験的検証は、意識を宿すことがわかっている脳を用いて行うことになるが、本質ではない余計な要素を取り除くことに大きな制約がある。

機械による人工意識は、客観的な外部観測や中身の分析で意識の検証をするのが困難なので、自らの脳に機械を接続し、自らの意識をもって機械の意識を見極める。そこから感覚意識体験が生じれば、機械に意識が宿ったと結論づけることができる。機械に意識が宿ったときのみ、感覚意識体験が生じるようなうまい接続条件を求める「人工意識の機械・脳半球接続テスト」を提案する。自身の片方の脳半球を機械の半球に置き換え、一つの統合された意識、すなわち、統合された左右視野が出現するかを自らの主観をもってテストする。それが出現したら機械が意識を宿し、それが残った脳半球の意識とリンクしたことになる。

神経アルゴリズム、とりわけ生成モデルを意識の担い手と考える利点は、「人工意識の機械・脳半球接続テスト」に合格したことである。すなわち、生成モデルが「意識の自然則」の客観側の対象であると言える。「生成」とは高次の活動を元に、低次の活動の「推測値」を出力することで、この推測値と感覚入力由来の低次の活動を比較し、その誤差を算出しそれを道いて高次の活動を修正する。生成モデルは、生成過程などを通して情報処理を進めるといった客観的な側面と、その生成過程に沿った感覚意識体験を発生させるといった主観的な側面を併せ持つ。

機械への意識の移植を完遂する手順として、先ずは、機械の意識と脳の意識とを接続する必要がある。機械の脳半球と生体脳半球を接続し、長期間つなぎっぱなしにすることで、機械と脳二つの半球にまたがって一つの感覚意識体験が生まれれば、最大の難関、いわゆる意識のハードプロブレムはクリアされたことになる。残るは、脳から機械への広義の記憶の転写である。これはイージープロブレムに分類されるが、技術的には極めて困難である。広義の記憶は、脳の複雑かつ膨大、そして微細なハードウエア構造と完全に一体化している。非侵襲の脳計測装置では不可能であり、侵襲的な方法でも数千兆の神経細胞間の結合関係を計測するには、非現実的な膨大な時間を要する。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 個人出版コミュニティ, All rights reserved.