東京ビッグサイトで開催の「第21回東京国際ブックフェア」で、楽天株式会社は同社グループの電子書籍事業「楽天Kobo」のブースを構え、「出版にもっと自由を!」と大きく掲げている。
 ブース内では、誰でも手軽に電子書籍を出版できるサービスとして年内に提供開始予定の「楽天Koboライティングライフ(KWL)」を紹介。これは「Amazon Kindleダイレクト・パブリッシング(KDP)」の対抗サービスと言えるものだが、利用にあたって固定費がかからないのが特徴だという。実際に購入された電子書籍の売上に対する手数料のみで自費出版を行えるほか、例えば作家が自身の認知拡大のために無料で電子書籍を配信することも可能。その場合、売上に対する手数料も発生しないとしている。
具体的な料率や提供開始スケジュールは、サービスの正式発表時に明らかにする予定。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2014 個人出版コミュニティ, All rights reserved.