fc2ブログ
 ジェイムズ・S・A・コーリイ著「巨獣めざめる」を読みました。太陽系内に人類が進出した近未来を舞台にしたリアルなスペースオペラです。土星から小惑星帯に帰還中の氷運搬船が、何者かの攻撃を受け破壊されるプロットから、内惑星連合と小惑星帯との緊張が高まり太陽系全体が戦争へ動き始めるなか、氷運搬船の生き残りの船乗りによる襲撃の真犯人探しと、小惑星ケレスの刑事による失踪した富豪の娘の探索がからみ、20億年前に太陽系外から地球めがけて投げ込まれたが土星で捕捉された、生体のままでの遺伝子改変機能を有するプロト分子が発見され、ある地球企業による小惑星規模での人体実験の強行、一個の遺伝子改変生体となった小惑星の地球への侵攻と阻止の攻防へストーリーが展開します。

ヒューゴー賞やローカス賞の候補にもなっただけあって、背景や人物もリアリティがあり、ストーリーもそれなりに面白いのですが、もともとロールプレイングゲーム用の設定として構想したものらしく、SFとしてのセンスオブワンダーに欠けるきらいがあります。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2013 個人出版コミュニティ, All rights reserved.