久米他3著「政治学」を読みました。本書は、政治を「本人」「共通の目的」「代理人」という三つの要素に注目し、現在の日本を題材として整理・解説した教科書。「本人」とは主権者である国民、「共通の目的」とは本人である国民の利益の実現、「代理人」とは目的実現のために国民が雇う議員や政府を意味する。「代理人」には負託された目的実現が期待され、「本人」は「代理人」を監視し、コントロールする必要がある。このような観点に立ち、政治学諸分野の知識や考え方、対象とする問題を政治学全体の中に位置づけたもので、一読に値します。

 本書は序章と第1部~第4部の24章とで構成されています。序章では映画「七人の侍」を例にとり、統治の正当性、統治の効率、統治のプロセス、統治のモニタリングについて本人―代理人モデルによる説明を試みています。
第1部は統治の正当性で、政策の対立軸、政治と経済、自由と自由主義、福祉国家、国家と権力、市民社会と国民国家、国内社会と国際関係、国際関係における安全保障・富の配分、第2部は統治の効率で、議会、執政部、官僚制、中央地方関係、国際制度、第3部は統治のプロセスで、政策過程、対外政策の形成、制度と政策、第4部は統治のモニタリングで、デモクラシー、投票行動、政治の心理、世論とメディア、選挙と政治参加、利益団体と政治、政党について解説されています。

 内容が多岐にわたりどの部分も重要で要約は困難ですが、特に第4部「統治のモニタリング」が興味深かった。政治は「代理人」である議員や政府まかせではダメで、目的実現のためには「本人」である国民がしっかり監視し、行動しなければならないと納得できました。

 絵手紙集(夏)絵手紙集(冬)折紙はがき集(夏)折紙はがき集(冬)、の4冊をアマゾンKindle本として未来舎から出版しました。興味のある方はご参照ください。



 SF短編集「未来幻想」をKindle本として出版しました。内容はつぎのとおりです。関心がある方はご参照ください。
 緑化病による文明崩壊の危機に、光合成能力を持つ緑人が生誕する「緑の遺伝子」、仮想現実システムによる全人類の心のつながりが、ソル系の時空摘出を防ぐ「自己治療」、80歳でオリジナルをクローンと入れ替える「リセット」、スノーボールと化した地球での生き残りをかけて、人類がゲノム変生する「深海生物」、継続的DNA改造で破滅的環境での生存を図る「加速進化」、出産には受精卵の遺伝子健全性証明が必要となった社会での違反者を描く「出生証明」、集団知性発現の遺伝子改造により、時空を貫く人類闘争の暗在波に共鳴するようになる「太古の呼び声」、定年退職を迎えた男が16歳の少年から人生をやり直そうとする「回帰の光球」、遺伝子欠陥の自費修正が強制される「第二の生」、太陽異常による地球凍結への対応を描く「太陽ニュートリノ」、知能を高める驚異の遺伝子に端を発して、遺伝子カースト社会へと変貌する「ニューロゲン」、人工遺伝子挿入による事象の生起確率を操作できるクローン人間の生成を描く「オメガ計画」、食糧危機を遺伝子改造した耐性動植物で凌ぐ社会が、耐性人間を生み出す「耐性生物」、これら13のあり得る近未来の世界を描くSF短編集。
未来幻想表紙カバーrev1


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2013 個人出版コミュニティ, All rights reserved.