日本電子書籍出版社協会、「電書協 EPUB 3制作ガイド」を公開 
 日本電子書籍出版社協会(EBPAJ)は11日、電書協加盟社に向けて、一般書のEPUB 3を制作する際のガイドとなる、「電書協 EPUB 3制作ガイド」(ver.1.0)を公開した。

 電子書籍フォーマット「EPUB」は、日本でも実用化に向けてさまざまな取り組みが進められているが、ビューワーごとに表示のされ方が異なるとともに、EPUB 3を制作する際の方法が複数あるため、いまだ出版社が積極的な制作に取り組みづらい状況にあるという。「電書協EPUB3制作ガイドver.1.0」は、EPUB 3制作の方向性を示すことでこれらの問題を解消するため作成されたとのこと。

 Ver.1.0では、最低限の画像配置のみを想定しており、主として組み方向の混在や段組などのないシンプルな体裁の書籍を、リフロー型の電子書籍として記述するための指針が示されている。IDPF(International Digital Publishing Forum)が提供しているレンダリングエンジン「Readium」の挙動等を参考にしつつ、一部の機能のみの利用を想定したとのことで、画像周囲をテキストが回り込むようなデザイン、凝った見出しのレイアウト、および固定型のレイアウト等については、意図的に見送ったとしている。今後、業界の状況を踏まえて順次バージョンアップの予定。

 「電書協 EPUB 3制作ガイド」本体のほか、「CSS機能一覧」、テンプレート、文字サイズごとのサブ行字下げ数早見表など一式が配布されている。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2012 個人出版コミュニティ, All rights reserved.