シリーズ第2作となる林譲治著「ストリンガーの沈黙」を読みました。前作から数十年後の世界における宇宙空間に適応したAADD(人工降着円盤事業団)と地球連合との武力紛争、天皇星軌道上のAAD(人工降着円盤)のシステム崩壊に繋がりかねない異常振動の原因と対策、および未知の知性体ストリンガーとの交信模索の3つが相互に絡み合って物語が展開していきます。ケレン味のない自然なストーリー展開の中にもスリルとサスペンスにあふれたエピソードがちりばめられており、正統派ハードSFとして安心して読み進めることができます。物語は未だ著についたばかりで、今後の展開が楽しみです。

 林譲治著「ウロボロスの波動」を読みました。久しぶりにSFらしいSFを読んだ気がします。8年も前に初版が発行されているのに見逃していたのは、著者の名前がオールドSFファンである私にとってなじみがなかったためでしょう。近頃はハードSFにお目にかかることが少なく寂しい思いをしていましたが、本書はまさに本格的ハードSFで、この後もシリーズの連作が出版されているようなので、楽しみにしています。

 2100年に発見されたブラックホールの周囲に人工降着円盤を建設し、太陽系全域を網羅するエネルギー転送システムを確立するという時代の幕開けを短編の連作で描いたもので、科学的アイデア、社会構造や個人の描写もリアリティがあってすばらしいです。AIの描写がちょっと物足りない気がしますが、8年前の作品であることを思えば無い物ねだりでしょう。全体を通じて異星の知性体の存在を暗示する重力波信号らしきもの、恒星間宇宙船の発進などの伏線が張ってあって、物語の更なる展開を期待させます。

 著者あとがきによれば、人類の銀河系中心までの到達を視野に入れているそうで、壮大な未来叙事詩が紡がれていくことを大いに期待したいと思います。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2010 個人出版コミュニティ, All rights reserved.