fc2ブログ
 あまりやる気はなかったのですが、勉強だと思ってJPEGまたはPNG挿入画像がある実用書「個人出版社への道」をSusieプラグイン併用のdvioutを使って表示できるようにしました。すべてフリーソフトだけを組み合わせて使えるようにするのは結構たいへんでした。

まず、Susieの部屋(http://www.digitalpad.co.jp/~takechin/download.html)からSusie本体とプラグインパッケージをダウンロードします。パッケージにはJPEGプラグインはあるがPNGプラグインはないので、ソフトウェア工房α(http://cetus.sakura.ne.jp/softlab/softlist.html)からダウンロードします。これらのプラグインをSusie本体と同じフォルダーに置き、全体をdvioutと同じフォルダーに置きます。

 さらに、dviout-cmode(http://www.asahi-net.or.jp/~kh4s-smz/spi/abc/index.html)から出力プラグインをダウンロードし、dvioutと同じフォルダーに置きます。これはbmp、jpeg、pngのSusieプラグインで読み込んだ画像をdvioutで出力するプラグインです。

 以上の準備が終わってから、「個人出版社への道」のTeXファイルをコンパイルしてdvioutで出力すると、jpegおよびpngの挿入画像が表示されました。少し画質が悪いように見えますが、これをクセロPDFでPDF化すると綺麗な画像になっていました。もちろんPDF化はすべてのフォント埋め込みで出力サイスを書籍と同じA5にしました。

これで、jpegおよびpngの挿入画像がある場合でも、dvioutで表示できて、PDF化の条件も栞作成以外は自由に設定できることになります。栞作成のフリーソフトもあるのですが、栞アイテムの有無にかかわらず全ページが表示されて栞の編集ができないので、使い勝手が悪いのです。6,000円くらいのPDF編集ソフトを使えば栞編集は自由に行えるのですが、今更有料ソフトを使う気がしないのです。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 個人出版コミュニティ, All rights reserved.