All entries of this category were displayed below.

 iPadアプリは、販売開始の初日から「未来の影」が4DL、「超神記」が3DLとなりました。こんなに早く売れるとは意外でした。初日だけで後が続かない可能性もありますが、時間をかけて少しずつでも売れていくことを祈ります。そして紙ベースの本に波及していけばうれしいのですが・・・。

 iPad電子書籍の有料版は米国でしか販売できないと思っていましたが、それはePub書式のiBooksとして登録・販売する場合で、単にiPadアプリの一種として電子書籍を登録し、有料販売することはできるということです。そこで、Amazon e委託販売では売れ行きの悪い長編SF2冊を電子化し、iPadアプリとして販売することにしました。

近頃、iPad電子書籍出版・販売サービスを行うところが増えてきましたが、費用や内容面でなかなかピッタリのところがありません。今回は長編SF小説なので、日本語縦書きに対応していてアプリ制作費用、販売手数料がリーズナブルなPawana Digital PublishingにiPadアプリ電子出版を依頼しました。申請後一週間くらいでAppleの審査が終わり、Apple Store iTunesで「未来の影」「超神記」が販売開始されました。

 ネット記事によると、販促手段としてネットで本を無料公開する動きが出始めているようです。先の「フリー」に引き続き、3月1日から46日間限定で、「生命保険のカラクリ」(文春新書)という新書の全文が公開され、5日までに約3万件のダウンロードがあったということです。すでにこの本は6刷3万部を売り、「元は、十分とった」という。
さらに、角川グループホールディングス会長の角川歴彦氏も自著の今月10日の発売に先駆け、1日から全文を公開中とのこと。

 本の内容にもよりますが、出版不況を打開する方策の一つとして、この動きは電子書籍出版とともに大きな流れになりそうです。

 ネット記事によると、新たな販売促進の方法の一つとして、書籍の発売前に「電子版」をネットで無料配布するという「フリー・キャンペーン」が10万部を超えるヒットを生み出したという。
インプレスジャパンの『できるポケット+ クラウドコンピューティング』(819円)は、会員登録して電子書籍の利用意向に関するアンケートに回答すれば、新刊の全文を収録したPDFを無料で閲覧できる。12日夜までに約1800回ダウンロードされたという。

「フリー・キャンペーン」は、09年11月にNHK出版が『フリー <無料>からお金を生み出す新戦略』(1890円)の発売に合わせて「全文無料配布」を敢行したのが最初といえる。無料配布キャンペーンは大きな反響を呼び、わずか2日で1万ダウンロードを達成。ブログやツイッターで『フリー』の話題が広がった。それだけでなく、紙の書籍も爆発的に売れたという。11月下旬に発売されると、『フリー』はネット書店のアマゾンで快調に売れ、タレント本やコミックと総合1位を争った。東京の大型書店でもビジネス書の1位にランクイン。書店によっては総合1位になることもあったという。

電子版の無料配布を宣伝活動と考えれば確かに有効な方法ですね。内容や分量によっては適さないものもあるでしょうが、選択肢の一つとして良いことだと思います。

 新聞記事によると、大手に続き中堅出版社8社が、共同で責任販売性に取り組むという。参加するのは筑摩書房、河出書房新社、青弓社、中央公論新社、二玄社、早川書房、平凡社、ポット出版。8社は企画を「35ブックス」と名付けた。対象書籍は26タイトルの47冊。うち41冊は復刊書。成功すれば来年以降も企画を継続する方針で、10社ほどが次回からの参加を検討中という。

 筑摩書房は「35ブックス」とは別に、独自に時限再販の本を出す。発行の3~9ヶ月後に価格拘束が解除され、書店が自由に価格を決められる。

 出版界は、責任販売制、時限再販、非再販本など書籍流通の新たなビジネスモデルを模索しているようです。いささか遅きに失した感もありますが、何もせずに壊滅していくよりは良いでしょう。


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 個人出版コミュニティ, All rights reserved.