fc2ブログ
All entries of this category were displayed below.

4.スクラップブックの利用
メニューのウィンドウ->スクラップブックのクリックでスクラップブックを開き、表紙(ページ1)のヌウを含む画像フレームを選択し、右ボタンでスクラップブックにドラッグします。新規エントリーダイアロ-グボックスが現れたら、新オブジェクトに”gnu”という名前を付け、OKをクリックします。スクラップブックをファイルメニューから”album.doc-scribus”として保存します。
スクラップブックからアイテムを取り出すときは、左ボタンでページ上にドラッグします。従って一度作ったアイテムは、スクラップブックに格納しておけばいつでも利用できるということです。
fig23

図23 スクラップブック

3.裏表紙の作成
ページ8の上で図22に示すように、幅72mm、高さ36mmの画像フレームを作り、あらかじめ保存されているScribusロゴ”scribuslogo.jpg”を取り込みます。フレームの下に10mmの正方形を5つ並べて作り、最初の色を白(縁は黒)とし、他は縁なしで2番目が青、次は赤紫、黄色、黒とします。シフトキーを押しながらすべてのフレームを順次選択し、メニューのアイテム->グループ化をクリックし、全体を一緒に移動させて任意の位置におきます。
fig22

図22 裏表紙の作成

(2)テンプレートの利用
利用前に、作業空間ウィンドウの左下のプルダウンメニューで、当該ページが利用対象ページであることを確認する必要があります。ページ1は表紙で右ページになります。ページ2は左ページで、ページ->マスターページに適用で、マスターページに左中面を選択、適用先に現在のページを選択してOKをクリックします。ページ3は右ページなので右中面のマスターページを選択します。この操作を6つの内面ページに対して繰り返します。最後のページは裏表紙なのでマスターページは適用しません。
図20にページ2と3にマスターページを適用した結果を示します。
fig20

図20 中面の左右ページへのマスターページの適用

図21に全ページのサムネイルを示します。
fig21

図21 全ページのサムネイル

2.中面のページ作成
メニューのページ->挿入で図18のダイアローグボックスを開き、挿入欄に7を入力します。
fig18

図18 ページの挿入

OKをクリックすると7ページが挿入され、画面最下段のページ表示欄が8of8となります。プルダウンメニューを見ると1,2,3,4,5,6,7,8となっていて、番号クリックで任意のページを表示できます。
(1)テンプレートの作成
中面用のテンプレートを作成します。編集->マスターページで現れたダイアローグボックスで新規マスターページをクリックし、最初のテンプレートの名前「左中面」を入力してOKをクリックします。そして、すべての左ページの基本になるページの様式設定を下記要領で行います。
●座標X=12mm,Y=10mmに50%黒、テキストフロー無効の幅6mm、高さ274.5mmの矩形フレームを1つ作成する。
●座標X=23mm,Y=22mmに、幅40mm、高さ263mmのテキストフレームを1つ作成し、メニューのアイテム->複製コピーで、部数3、水平移動45mm、垂直移動0mmとして3部複製する。
●座標X=12mm,Y=284.32mmに、長さ186mm、幅1pt、カラーYellowGoldの水平線を1つ置く。
●座標X=12mm,Y=10.22mmに、長さ185mm、幅1pt、カラーYellowGoldの水平線を1つ置く。
●最初に作った50%黒の矩形フレームの頂部に、BookmaLRegularフォントでサイズ27pt、カラーYellowGoldのテキスト”S”、底部にサイズ12pt、カラーWhiteの数字”1”を作成する。
●ヌウの画像”gnu-head-sm.jpg”を含む幅16.9mm、高さ16.2mmの画像フレームを、第2、第3のテキストフレーム間の中央に置く。
以上の操作によって、図19に示す左中面用のマスターページが完成します。
fig19

図19 マスターページの作成

ダイアローグボックスを閉じるとマスターページは自動的に保存されます。右ページに対しては、編集->マスターページでダイアローグボックスを開き、左中面を選択し、「選択されたマスターページを複製する」のボタンをクリックし、名前「右中面」を入力します。そして、右中面のマスターページが左中面の正確なミラーイメージになるよう修正します。
左右ページに対して異なるテンプレートで作業するので、両ページを並んだ状態で見ることができる機能を使います。ファイル->ドキュメント設定でダイアローグボックスを開き、ページレイアウトのDouble Sidedを選択しOKをクリックします。


(11)テキストおよび画像の取り込みとフレームの統合
3フレームの最初のものを選択し、右クリック->テキストの取得であらかじめ保存されているファイルscribus2.txtを選び、テキストを取り込みます。この段階では、テキストは最初のフレーム内だけに現れます。すべてのフレームに現れるようにするには、フレームを連鎖する必要があります。最初のフレームを選択し、メニューの「テキストフレームを繋ぐ」アイコンをクリックしてから第2、第3のフレームをクリックすると、最初のフレームに連なり、フレーム間に→が表示されます。
fig17

図17 テキストおよび画像の取り込みとフレーム統合

次にテキスト欄と同じ幅(40mm)の画像フレームを作り、右クリック->画像の取得で、あらかじめ保存されている画像scribuslogo.jpgを取り込み、画像がフレームにフィットするように、縮尺とフレーム高さを調節します。画像フレームとテキストを統合するために、画像プロパティの形状タブをクリックし、Text Flows Around Frameチェックボックスをオンにします。これによって、テキストは当該画像フレームを回り込んで表示されます。
同様の操作を、あらかじめ保存されている画像scribus_head.jpgに対して行い、第3のテキスト欄に置きます。以上で表紙の作成は完了です。



Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2024 個人出版コミュニティ, All rights reserved.